HOME > スタッフ

スタッフ

FUMI

FUMI

1967年生まれ、宮崎県出身。会社員時代にワインと食事の楽しさに目覚め、27歳で料理の道への転身を決意。30歳で渡伊し、フィレンツェの【Alle Murate】でイタリアの家庭料理を基礎から学ぶ。

同店で7年、さらにシチリアなどで計10年間、5店舗で修業を重ねる。日本でも数年間経験を積み、2011年12月【Chiara Bella】を開店。

イタリアの家庭料理のすばらしさを伝え、宮崎の食文化向上へ貢献したいと希求する情熱的な料理人だ。



イタリア料理に対する思い

イタリア料理に対する思い

私とイタリア料理の出会い
日本で会社員として勤めている時に、初めてイタリア料理と出会いました。当時はイタリア料理が日本でも認知されてきた時代で、イタリア料理に関する情報が日本にどんどん入ってきてとても活気がありました。その時に出会ったソムリエさんから頂くイタリアの料理、ワイン、文化がとても面白く、次第にイタリアに惹かれていきました。

当時26歳、27歳くらいのことです。この先もずっと会社員をするよりも、料理人に転職をするのも楽しそうだぞと思い、30歳を期に勤めていた会社を辞め、イタリアに行こうと決心しました。

調理経験なしでイタリアへ

最初は語学学校に通いながらワインに関する接客の仕事に就きたいと思っていたのですが、いざ就職活動をすると、イタリア語が未熟だったため、ソムリエとしては雇ってくれるお店がありませんでした。
 

替わりに厨房の手伝いなら雇ってもらえるということで、キッチンの手伝いから調理を体験することになったのです。それまで調理の勉強はしたことがなかったので、そこから料理を本格的に学んでいくことになったのです。その時にイタリア料理を教えてくれたのがシェフであるジョバンナです。


ジョバンナのお店はトスカーナのフィレンツェのあったのですが、彼女のルーツは南イタリアのほうにありました。トスカーナ料理を学びつつ、次第に彼女のルーツを知りたくなり、8年のフィレンツェ生活を経て南のシチリアに移って働きました。昼はトラットリアで働き、夜は少し創作料理で働く生活が続きました。


イタリア郷土料理の魅力に惹かれる
イタリア料理を学びはじめて、自分の中で作りたいイタリア料理のイメージも大きく変わっていきました。料理を学び始めた当初はクチーナクレアティーヴァという、日本では新イタリア料理と呼ばれる料理に対して憧れがあったんです。新イタリア料理というのは伝統料理をベースにシェフのオリジナリティが入っているような料理なんです。


ただ、イタリアでの生活が長くなるにつれて、だんだんシンプルなトマト料理だったり家庭料理だったりがやっぱり安らぐし、安心するなということに気がついたんです。毎日食べられる家庭の味ですね。


家庭料理とはトラットリアと呼ばれ、日本でいう定食屋のようなイメージです。日本の国内でも同じことが言えると思いますが、その特有の料理が食べられるという意味では、格式のあるレストランよりも、地元の定食屋さんだったりしますよね?なので、自分はその家庭の味を皆さんに楽しんでほしいと思っているんです。

イタリアから宮崎に戻り、キアーラベッラ開業

イタリアで10年の経験やレストランの楽しさを表現したいと思い、イタリアで11年の生活を経て、日本に帰ってきました。僕の出身が宮崎の都城市だったので、地元からほど近い宮崎市で料理を始めました。


宮崎は野菜が美味しく、畜産も盛んなので、豚・鳥・牛なんでも美味しいです。そこで野菜に関しては宮崎県産に拘り、地場の美味しさを伝えていければと思います。

ベースとなっているのはイタリアの家庭料理です。だから、本当にあまり気張らずにそれこそ食堂に行くような感覚で料理を食べに来てほしいですね。